銀行カードローンの選び方

銀行カードローンの選び方

銀行の数だけ銀行カードローンがあります。
それら一つ一つを検証していくことは相当に難しいものです。
そのため比較したいいくつかの銀行カードローンをピックアップして考えてみるとよいでしょう。
とはいってもそれもまた難しいものです。
どんな銀行をピックアップすればよいのか、その判断材料さえありません。

 

比較する銀行を3種類にしましょう。

 

  • メガバンク
  • インターネット専業銀行
  • 地方銀行

 

これらの3種類の中からそれぞれベストと思われる銀行カードローンを選び出します。
そして3種類を比較してみましょう。

 

それぞれの種類の中からどのように選出すればいいのか、そのポイントは後々ご説明するとして選び出した後の比較ポイントを見ていきましょう。
メガバンク、インターネット専業銀行、地方銀行のそれぞれに特徴があります。
消費者金融のキャッシングと銀行カードローンの2択に分けられがちですが、銀行にはさまざまな形がありそれらの特色をよく理解しておかなくてはなりません。
消費者金融であれば契約すると新たなカードが発行されますが、利用している銀行口座のカードローンであれば銀行キャッシュカードにキャッシング機能を付帯させるだけということもあります。
融資までに時間がかかるけれども手続きが面倒ではない、それもまた銀行カードローンの特徴です。

 

どの銀行種類のカードローンを利用するのか、それを考えるためにはまずいくつか用意しておかなくてはならないことがあります。

 

  • 持っている銀行口座を用意する
  • 近くにあるATMにはどんなものがあるのかを調べる

 

既に利用している銀行口座があればその銀行のカードローンにメリットがある場合もあります。
給与振り込みに指定している、公共料金の口座引き落としとして使っているなどほかの利用があればその銀行カードローンの金利が引き下げになることもあります。
また利用できるATMには限りがあるため、近くにはどんなATMがあるのかを確認しておきましょう。
基本の返済は口座引き落としになるものの、急な借り入れや追加返済など面倒がないATMが近くにあれば便利になります。
銀行カードローンを比較するときにはその近くにあるATMが利用できるのかということだけではなく、無料で利用できるのかということを確認するようにしましょう。

 

但し、銀行カードローンの場合は審査に時間がかかるので、今すぐお金が必要な方は消費者金融でお金を借りるのが最適です。

 

メガバンクカードローンの比較ポイント

メガバンクとは大型の都市銀行です。
現在3大メガバンクがあり三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行があります。
吸収と合併を繰り返して巨大銀行にまでなりましたが、そのメガバンクにあるカードローンはハードルの高いものではありません。
むしろ私たちにとって非常に利用がしやすいカードローンとなっており、利用条件も幅広いニーズに対応しています。
アルバイトやパートでの収入でも利用することができ、さらには学生、専業主婦などもはや成人であれば無職以外は利用できるといった幅広さを持っています。
それではメガバンクを比較していきましょう。

 

「金利」

・三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック 4.6%〜14.6%(遅延利率14.6%)
・みずほ銀行カードローン 4.0%〜14.0%(遅延利率19.9%)
・三井住友銀行カードローン 4.0%〜14.5%(遅延利率19.94%)
いずれも14%台となっています。
銀行カードローンでは標準的な金利が14.5%前後となっているためメガバンクの上限金利は標準通りといったところでしょう。
融資限度額に応じて金利が決まる銀行カードローンではありますが、初めての借り入れでは融資限度額が上限金利適用の範囲で決められています。
そのため消費者金融と同様に比較するときには上限金利を確認することが大切です。
遅延利率は返済が遅れた翌日から加算されていきます。
三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックの遅延利率は低くなっているものの、返済を確実に行うことを前提にしたいため遅延利率は気にする必要がないでしょう。

 

「限度額」

・三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック 500万円
・みずほ銀行カードローン 1,000万円
・三井住友銀行カードローン 800万円
限度額の上限が個別の融資限度額として設定されることはありません。
そのため限度額の比較はそれほど意味がないということになります。
金額だけ比較してみるとみずほ銀行カードローンがより多く借り入れができるように感じられますが、それほどの金額になることはなく比較する必要はないでしょう。

 

「借り入れ方法」

・三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック 三菱東京UFJ銀行ATM、提携コンビニATM(利用手数料無料)
・みずほ銀行カードローン 振込キャッシング、みずほ銀行ATM(手数料無料)・提携ATM(手数料有料)
・三井住友銀行カードローン 振込キャッシング、三井住友銀行ATM、提携コンビニATM、ゆうちょ銀行ATM(手数料無料)
振込キャッシングの対応がないのは三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックだけとなっています。
便利なはずの提携先のATMが利用手数料無料となっているのは三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックと三井住友銀行カードローンです。
みずほ銀行カードローンでは提携先のATMは非常に多くあるもののそこには利用手数料が発生します。

 

「返済方法」

・三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック 口座引き落とし、三菱東京UFJ銀行ATM、提携コンビニATM(利用手数料無料)
・みずほ銀行カードローン 口座引き落とし
・三井住友銀行カードローン 口座引き落とし、銀行振り込み、三井住友銀行ATM、提携ATM(利用手数料無料)
全ての返済方法が利用手数料無料となっていますが、返済方法の種類に違いがあります。

 

「10万円借入時の返済額」

・三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック 最低返済額2,000円
・みずほ銀行カードローン 固定返済額10,000円
・三井住友銀行カードローン 固定返済額10,000円
最も低い返済額は三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックです。
メガバンク以外のほかの銀行を見ても現時点では三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックの返済額が最も低くなっています。
ただし、ご覧になってもわかるように最低返済額となっています。
つまりそれ以上の返済は自由にできるということです。
一方でみずほ銀行カードローンと、三井住友銀行カードローンでは毎月の返済額が固定で高額になっています。
返済額が低ければよいということはありませんが、毎月の状況に合わせて返済額を自由に変動することができるのは便利なシステムになるでしょう。

 

比較してみるとメガバンクでも違いがあることがお分かりになったかと思います。
上限金利が低くなっているみずほ銀行カードローンでも、借り入れに関わるATM利用手数料が発生したり、返済方法が口座引き落とししかないなどのマイナス要素もあります。
金利だけを比較するのではなくほかの状況も加味しながらメガバンクの中であればどこのカードローンが使いやすくお得になるのかを慎重に考えましょう。